格安航空券の達人

国内を格安航空券で飛行機を使って旅行する

飛行機を予約する際に必要なこと

国内を飛行機で移動する際に使用する格安航空券は、旅行代理店の店舗で直接申し込むか、インターネットのチケット通販サイトで購入する事が出来ます。格安航空券のチケットは人気がある行楽シーズンなどはすぐに売り切れてしまう事が多いため、早めに予約をすることが大切です。

予約を行う際に必要な事は、まず第一に航空券の代金を準備する事です。航空券の購入は代金の払い込みを行ってはじめて旅券が発行されます。クレジットカードなどを使えば実際に代金を支払うのを後日に延ばす事は可能ですが、基本的には購入時決済が基本となりますので、決済代金は事前に準備しておく必要があるでしょう。

また、航空チケットを購入する際には、身分を証明する免許証やパスポートなどを持参する必要があります。航空会社は法律で誰が飛行機に搭乗したかを管理する義務があるため、身分を偽って航空券が購入されないように、購入時に本人確認書類の提示を求める事があるのです。

<PR> 格安航空券を探すなら→ e航空券.COM

格安航空券を実現した裏の様々な取り組み

飛行機で国内を安く旅行出来るのが格安航空券。格安航空券はLCCと言って格安航空会社が低価格で提供している航空券ですが、なぜ安いのでしょうか。
まず、各社ごとに多少異なりますが一番はコスト削減です。飛行機の機種を1機種に絞る、航空機メーカーから特定機種を一括大量購入するなどをすることで機体のコストを抑えます。小・中型機種が多いです。そして、操縦士や客室乗務員の訓練コストを最小にし、整備の共通化により部品・機材・メンテナンス要員の訓練コストを最小にします。また、混雑している大空港をできるだけ使用せず周辺の混雑していない地方の中小空港に乗り入れ、多頻度に航空機を利用し空港駐料金を最小に抑えます。そして飛行機に乗る際もタラップを利用する事によって施設利用料も安価に抑えています。
人件費も訓練コストを抑える為にすでに乗務資格を持っている人を中途採用したり、カウンターチェックインを有料にして自動チェックイン機を導入するなどまだまだ私達の知らない所で数え切れないコスト削減を図りこの低価格を実現しています。

Copyright(c) 2011 格安航空券の達人 All Rights Reserved.